04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

雨露離の離れ

  : 

気が向いたとき更新専用日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

荒野のガンマン 最後の決闘 

ジルキッドは焦っていた。
いや、焦りと言うよりは諦観といったほうが今の彼にはしっくりくるかもしれない。


 俺はもうすぐ消される…。


何の根拠もない被害妄想などではない。

そう

ジャンルにガンスリンガーが追加されてない時点で出番はこれっきりとなることを示しているからだ。

こともあろうに彼の雇い主は作ってる時は楽しかったけどマッハで飽きたのである!!!
彼はリヒタルゼンのスラム街で生まれた。
幼い頃に両親を失い以下略
貧しい暮らしに耐えられず以下略

そしてジルキッドは攻城戦のエースユニットに憧れるよりも『ガンマン』に憧れるようになったのだ!


というわけで早速ガンスリンガーギルドへ。

べ、別にガンスリンガーになりたいわけじゃ

試験内容は熾烈を極めた。

ワカンタンカの恵みあれ

このじいさんとの死闘を繰り広げようやく俺は資格を得てマスターミラーの元へ戻る。

伝説のガンマン誕生の瞬間

マスターは俺の中に類稀なる才能を見出しギルドの秘伝書、幾らかの弾薬、
そして俺の最初の愛銃となるシックスシューターを手渡す。


しかし俺に秘伝書なんて要らない。
俺がなりたかったのはガンマンであってガンスリンガーではないから。
ノー秘伝書ノーガンマン。

帰路にて銃をクルクル回しながらよく観察してみる。

(ヾノ・∀・`)え…?

装備出来ねーじゃねえかあのクソジジイ!!
あの場で気づいていたら即メキシカンスタンドオフ決めてたわ。

※参考画像
ジャカッ

いや、装備出来ないんすけどね…。

仕方ないので素手でモンスターどもを駆逐しに。
まぁ俺ほどのガンマンにもなればポリンなんざ素手で…。
しかし銃が使いたい。
あの銃声が聞きたい。
しかたがないので自分で言ってみる。

ビシビシ

ボン

後にはゼロピーとリンゴと虚しさだけが残った。

またひとつ哀しみを背負いかくして彼は銃を装備出来るレベルになる。

ゴゴゴゴ

最初の標的は決めていた。
バイオハザードごっこしたかっ特注で作った銀の弾を試しに不死者どもが蔓延る洞窟を浄化しに行く。

ザウッ

やばい俺強い。
彼は天狗になっていた。
天狗ガンマン。
新しい。

いやそれは置いといて実際強かった。
デスペラが。

この日、弾切れになるまで彼は帰って来なかった。

ザ・ハウス・オブ・ザ・デッドに満足したのはレベルにして76。
これはR時のレベルであり現在のRRのレベルに換算するとだいたい150のオーラである。


     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *


そして決戦の日がやってくる。


調子づいた彼は貧民街で自分をいじめていた奴らに復讐しようと街に戻ってきた。
いつものようにくだらない話に花を咲かせる二人を見つけ、その間に割って入る。
そしてすぐに二丁の拳銃をそれぞれ二人に向けてニヤリと笑う。
今頃彼らの顔はブルーシートのように青ざめていることだろう。
これがやりたかった!!!


愛と怒りと悲しみの


しかし彼らはもっと強かった。

アーメンハレルヤピーナツバターだ。
=□○~0

~Fin~

テーマ: ラグナロクオンライン

ジャンル: オンラインゲーム

日常編  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

そんな職業があったことすら忘れていた・・・!

URL | ゆめる:ファンメル #-

2012/12/07 21:55 * 編集 *

運営も開発もきっと忘れてる。

URL | ジレイド #kUr9nKys

2012/12/08 19:13 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://miyabik.blog102.fc2.com/tb.php/162-e8c59ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。